芸能人、タレント、作家、文化人、人気占い師、スポーツ選手、デザイナー、ハリウッド俳優、モデル、
グラビアアイドル、カリスマ料理人 などが手掛けた様々な一品をピックアップ
HOME >>スポーツ >>プロコーチ内藤雄士

プロコーチ内藤雄士がプロデュース


プロコーチ内藤雄士氏プロデュース!アイライン バランスロッド
【価格】:¥1890
【ショップ】:「ゴルフモンスター」
このバランスロッドは、足元をあえて不安定な状態にすることで逆に下半身を安定させることができます。また、上半身に余分な力が入ると下半身のバランスが崩れてしまい、スムーズなスイングが不可能になります。言い換えれば、このバランスロッドを踏んでしっかりボールが打てるようになれば、どんなに上半身の力を使っても、それに対応できる下半身の安定感が身につきます。力いっぱい叩いても、ぐらつくことのない精度の高いスイング。ここぞ!というときも曲がりのない大きな飛距離が得られます。

正しいグリッププレッシャー(グリップする力)を、自然にマスターできます。ヤマニ内藤雄士プロデュースリストティーチャー
【価格】:¥3675
【ショップ】:「モリタゴルフ」
グリップを強く握ると腕も肩も硬直し、手打ちになってしまいます。クラブが手からすり落ちてしまうほどのやわらかさ。これが正しいグリップ・プレッシャーなのです。しかし、いつもやわらかなグリップ・プレッシャーでスイングすることは、なかなかできるものではありません。そこで、この「グリップ・ティーチャー」をおすすめします。グリップを付けるだけで正しいグリッププレッシャーが感じられ、フルショットやアプローチショットで練習を繰り返せば、理想的なスイングがマスターできます。グリップを強く握っていてはうまくなれない。

ツアープロコーチの内藤雄士プロデュース!!Quick Master(クイックマスター)パーフェクトローテーション QMMGNT61 【ゴルフ練習器具】
【価格】:¥3150
【ショップ】:「eSPORTS楽天支店」
ツアープロコーチ内藤雄士がプロデュース練習器具『パーフェクトローテーション』両腕に簡単装着するだけで、アドレスからフォロースルーまで正しい腕のローテーションが行えます。体のターンと同調させながらクラブを振る感覚、理想のスイングが身に付く練習器具です!パーフェクトローテーションの3大効果グリップによる左右の腕のバランスを均一に保てるだけでなく、両ひじの位置を水平にキープできます。本体上面部分と胸を正対させたままスイングすることで、腕の正しいローテーションが行えます。アドレスからトップスイング、ダウンスイングからインパクト、フォロースルーまで、本体から右腕を離さずにスイングすると、腕の振りと体のターンを同調させながらクラブを振る感覚がつかめます。
■こんなスイングを直します!両腕の間隔をキープしたままスイングできるので、オーバースイングを矯正することができます。手先の無駄な動作が抑えられるため、スライスの原因となるひじ引きスイングを矯正することができます。
■パーフェクトローテーションの装着方法本体上面の「BODY」と刻まれている三角矢印を体に向け、本体左側にあるゴムバンドを左腕に通します。右腕は本体右側のへこみ部分にあてがいます。前腕の太さに応じて装着位置を調整してください。本体上面の「Quick Master」の文字をショットラインと平行にセットすると両肩のラインも自動的にスクエアになります。※レフティの方もご使用頂けます。

プロコーチ内藤雄士氏プロデュース!IZZO トライリンク
【価格】:¥1995
【ショップ】:「ゴルフモンスター」
手首を使い過ぎるとストロークやスイングの軌道が乱れ、ストロークが不安定になり、ボールの方向が狂います。このトライリンクを使って練習を繰り返せば、パッティングやアプローチショットで前腕の三角形が崩れない、いつも安定したボールが打てるようになります。

プロコーチ内藤雄士氏プロデュース!SwingTempo スイングテンポ
【価格】:¥21000
【ショップ】:「ゴルフモンスター」
ドライバーからパターまで一定のテンポでスイングし続けることは、たいへん難しいことです。『スイングテンポ』は、音(聞いて)、光(見て)、振動(感じて)で、頭脳と筋肉にあなたに合った最適なテンポを記憶させます。『スイングテンポ』を効果的に活用することであなたのスイングとゴルフは確実に進歩します。

【アプローチ上達のための練習器具】内藤雄士プロデュース アプローチティーチャー
【価格】:¥3307
【ショップ】:「ゴルフプラザ グリーンフィル」
Approach Teacherアプローチからバンカーまで 正しい打ち方がマスターできる 内藤雄士プロデュース “アプローチ・ティーチャー” アプローチで手首を使い過ぎ、ダフったり、トップしたり、スイングが安定しない。バンカーではバウンスを使った正しい打ち方ができない。エッジから鋭角に砂に打ち込み、その結果、砂を多く取り過ぎ、ボールがバンカーから出ない。こんなミスショットがアマチュアゴルファーの方によく見られます。アプローチティーチャーをクラブに取り付けて練習すれば、こんなアマチュアゴルファーの悩みがすばやく解消。ボールを確実にピンに寄せることができます。
↑上へ


↑上へ
Copyright (C) 2007 あの人がプロデュース